◆「新型コロナウィルス感染症」に対する弊社対応について (2021.3.22)

  1. 合宿免許ムーチョ! HOME
  2. 月刊ムーチョ!Z(ゼット)
  3. 【完全版】自動車免許の取得費用を少しでも安く済ませる方法

【完全版】自動車免許の取得費用を少しでも安く済ませる方法

【完全版】自動車免許の取得費用を少しでも安く済ませる方法

運転免許の取得の際にどれだけの費用がかかるかというのは、多くの人にとってすごく気になるポイントだと思います。一般的に、合宿免許のプラン料金は通学免許よりも格安になっていますので、費用を節約したいという人は合宿免許での免許取得がオススメです。とはいえ、合宿免許のプラン料金もその時期や地域、キャンペーンなどによって大きく異なります。また、通学免許と比べて具体的にどれくらい安くなるのか?なんで合宿免許の方が安いのか?など気になっている方も多いに違いありません。

この記事では、運転免許の取得費用が気になっている人に向けて、合宿免許が通学免許に比べて安くできる理由や、入校の時期や地域、宿泊プランなどによって大きく異なる合宿免許の費用をより節約するための方法などについてお伝えします。また合宿免許ムーチョ!が厳選した人気格安の合宿免許プランなどについてもご紹介いたします。

合宿免許は通学免許よりも安い!その理由は

通学免許の費用の相場は、普通車ATで約25万円~32万円というのが一般的です。一方、合宿免許は普通車ATで約18万円~27万円で、その中には宿泊費や交通費など合宿免許で必要な費用の大半が含まれています。 合宿免許が通学免許よりも、ここまで安くできるのには一体どんな理由があるのでしょうか?

合宿免許は短期集中のスケジュールで効率的に教習を行うから安い

合宿免許が通学免許よりも料金が安い理由は、教習が普通車ATで最短14日~という短いスケジュールで無駄なく行われることにあります。

短い期間で卒業できるというのは、教習生にとって嬉しい事ですが、教習所側にとってもより多くの教習生を迎える事ができるという点で、とても効率的なのです。また、合宿期間中の個別の教習スケジュールは、教習所側で空きが出ないように調整されるため個人の希望スケジュールで予約を取らなくてはならない通学よりも無駄がなく、より多くの教習生に対応することができます。

教習の効率を上げることで、多くの教習生が参加できることが、合宿免許が通学免許よりも安く提供されている理由のひとつです。 また、合宿免許は通学免許とは違い、遠方からでも教習生が集まるので、その地域に関係なく全国の教習所で教習の質の向上が行われるという事もあります。

合宿免許をさらに安くする方法

通学免許に選べてとてもお得な合宿免許ですが、その地域や時期によってプラン料金には差があります。ここでは、合宿免許プランの中でもさらに格安のプランを見つけるコツをご紹介します。

自炊プランや相部屋プランは低価格!

とにかく費用を抑えたいという方にオススメなのが、合宿免許プランの中でも格安な自炊プランと相部屋プランです。

合宿免許では、料金プランの中に3食または2食分の食費が含まれているのですが、食事のつかない自炊プランでは、その分料金が低価格になっています。このプランではキッチンや調理器具などがあらかじめ準備されていますので、自分で料理を作って食費を節約することができます。2週間分の食費なので、侮れない節約になります。料理を作るのが好きな人にもオススメのプランです。

相部屋プランは、他の教習生と同じ部屋で生活する格安プランです。教習外の空き時間を一人でゆっくり過ごしたいという人には向いていないかもしれませんが、周りの人とコミュニケーションを取るのが好きな人、合宿免許で新しい友達を作りたい人などにはとてもオススメのプランになります。

安い時期を狙って申し込もう!

合宿免許の料金相場はその時期によって変動します。特に夏休み、冬休みというのは繁忙期にあたり、長期休暇中の学生の方の参加が多くとても混み合います。このような人気のシーズンは合宿免許の料金相場も高めになるので、それを避けて閑散期である4月~7月、10月~11月などを狙って申し込むことで、比較的安い料金で合宿免許に申し込むことができます。閑散期に免許取得のためのまとまった時間が確保できるという人にはとてもオススメです。

早めに申し込みを行おう!

人気のシーズンである夏休み、冬休みの中でも比較的安い時期というのは存在します。長期休暇に入りはじめる時と長期休暇の終わり際というのは、同じ繁忙期でも比較的安くなりがちです。とはいえ、このような安いプランはとても人気があるので、すぐ売り切れてしまいます。前もって合宿免許の計画を立てて早めに申し込むことで人気のプランを押さえるというのも安く合宿免許に参加するテクニックです。

合宿免許の料金はMT免許よりAT免許のほうが安い!

MT免許とAT免許で迷っているという方はAT免許を選ぶことで、MT免許よりも15,000~20,000円ほど費用を安くする事ができます。教習の数も技能教習3時限分AT免許の方が少ないので期間も2日ほど早く卒業することができます。特に強いこだわりがないという場合はAT免許にするのがいいかもしれません。

セットのプランを選ぼう!

普通車とバイクのセット教習プランをご存知でしょうか?セット教習を使えば、それぞれ別々に免許取得するよりもとてもお得になります。また、必要な期間も普通車ATと普通二輪の場合であれば合計20日しかかからないのでとてもオススメです。セット教習はAT、MTどちらのプランもありますし、普通二輪だけでなく大型二輪でも大丈夫です。バイク免許も取ろうか迷っているという人はこのセット教習を使ってまとめてお得に取ってしまうのが良いでしょう。

安い地域の教習所を選ぼう!

合宿免許には、比較的安い地域があります。東日本だと山形県や新潟県、福島県、西日本だと鳥取県や宮崎県などの教習所は全国的にも人気のエリアで低価格の宿泊プランが見つかりやすくおすすめです。このような地域から教習所を検索してみるのも安いプランを見つけるには良いテクニックです。注意して頂きたいのは、支給される交通費には上限があるという点です。あまりに離れた地域を選んでしまうと交通費が必要になり、思っていたよりお金がかかってしまったという事になるかもしれないので気を付けてください。

さらに嬉しいキャッシュバックやキャンペーン情報やがある

合宿免許ムーチョ!では、お得に運転免許を取得できるように、キャッシュバックキャンペーンや最新セール情報をご案内しています。ご自身にぴったりの合宿免許プランをお得に申し込んでください。

キャッシュバック情報をチェックしよう

合宿免許ムーチョ!では、教習所のお得なキャシュバック情報をご案内しています。具体的には、早期予約、グループ予約、団体予約、学生予約をして頂くことでキャッシュバックを受けることができ、これらを組み合わせれば最大で15,000円もお得に運転免許を取得することができます。このようなお得情報は不定期に更新されます。WEBサイトをしっかりチェックしておいて、よりお得に合宿免許に申し込みましょう。

合宿免許ムーチョ!には最低価格保証もある

合宿免許ムーチョ!は最低価格保証を行っているので安心してご予約いただけます。最低価格保証とは、弊社のご提供する価格が必ず最低価格となることを保証するサービスです。他の合宿免許予約サイトで、弊社よりも安い価格を見つけられた場合は、弊社のご提供価格を同額に引き下げます。もうすでにご予約頂いている、お支払いいただいた後でもご入校される前日まで保証いたします。 もし、他のサイトで安い価格を発見された場合は、そのサイトの画面キャプチャーをお取りいただき、お電話にてお問い合わせください。

関連ページ

各特集ページをチェックしよう

「シングルルームでゆっくり過ごしたい」「近くの観光スポットに訪れて、旅行気分を味わいたい」といったように、合宿免許選びにおいてこれは譲れないといったポイントがある方は、各特集ページをチェックして、そこから安い教習所に申し込むのもおすすめです。

基本的に他の部屋タイプに比べて割高となるシングルルームであっても、オフシーズンは比較的に安い料金で申し込むことができます。

ムーチョでは様々なニーズに対応できるように、キャンペーン・特集や最新のセール情報を掲載しているので、是非確認してみてください。

チェック表

ふるさと納税をすると合宿免許の料金がお得に!?

ふるさと免許は、国のふるさと納税制度を利用してお得に運転免許を取得できるコースです。ふるさと納税は寄付した金額から自己負担の2000円を除いた残額が翌年度の所得税及び個人住民税から減額される制度です。ふるさと免許では、この寄付額に応じて自治体から自動車学校へ返戻金が支給され、その分の教習所料金が安くなります。お得になる料金は、その時期や寄付額によって異なります。長崎県五島市のふるさと免許では、最大で88,000円もお得になりますので是非チェックしてみてください。

クレジットカード、ローンでもお支払いOKです!

すぐに合宿免許の申し込みを行いたいけど、今はまとまったお金が準備できないといった方は、クレジットカードやローンにしてみるのはいかがでしょうか?

うまくクレジットカードやローンを使えば、毎月約1万円程度のお支払いからでも免許を取ることができます。

合宿免許ムーチョ!には、VISA、mastercard、JCB等のクレジットカード決済やマルイエポスカード、株式会社アプラスのローン、伊藤忠グループのポケットカードと3種類のローンが用意されています。

その他普通自動車運転免許取得までにかかる費用

ここまでは、合宿免許の費用を安く抑える方法やプラン・制度について紹介しましたが、最後に合宿免許に含まれていない各種費用についてご説明いたします。合宿免許だから手ぶらで大丈夫というわけにはいきませんのでご注意ください。

合宿免許は、基本パック料金となり便利でお安く利用できるサービスではありますが、自炊であれば食費代、おやつやジュース代、洗濯代、体調を崩した時の薬代・通院代、生理用品、温泉代などの生活費や仮免取得時にかかる仮免申請交付手数料(仮免許試験受験手数料1,700円、仮免許証交付手数料1,100円)、合宿免許卒業後の運転免許センターや運転試験場の費用(受験費用1,550円、免許証交付手数料2,050円、※各都道府県で異なる場合があります)は合宿免許の料金に含まれていないのが一般的です。

まとめ

合宿免許が安い理由、さらにお得にするテクニックについてご紹介させていただきました。最低価格保証を行っている合宿免許ムーチョ!を使っていただければ、全国の合宿免許を最安価格でご案内することができます。人気の格安プランが売り切れてしまう前に申込ができるよう、早い段階からキャンペーン情報などをチェックして準備をしておくのがオススメです。

月刊ムーチョ!Z のおすすめ記事

お申し込み・お問い合わせ

年中無休 9:00~21:00(携帯OK)

0120-459-777

お申し込み