1. 合宿免許ムーチョ! HOME
  2. サービスインフォメーション
  3. 合宿免許の持ち物

合宿免許で必要な持ち物

必須の書類やあると便利なものまで全部紹介!

合宿免許では入校の際に必須となる書類や持ち物があり、これらを忘れると入校できない場合があります

合宿免許ムーチョ!では、この必須書類だけでなく、2周間の合宿滞在中に必要となる基本の持ち物やあると便利な物までしっかりとご案内!合宿免許のご予約完了後、なるべく早めのご確認、ご準備をおすすめしています。

自動車学校ごとの持ち物やその他の詳しい内容については、ご予約完了後に「マイページ」の入校のしおりでもご確認いただけます。

準備は早めに!

入校に必要な書類等

  • 運転免許証(運転免許証を所持されている場合)
  • 本人確認書類(運転免許証がない場合)
    • パスポート、健康保険証、顔写真付き住民基本台帳カード。
  • 住民票
    • 本籍が記載されている本人のみの住民票で、発行日から3ヶ月以内のものに限る。
    • 運転免許証、本人確認書類と住民票の情報は一致していなくてはなりません。
  • 印鑑
    • 朱肉を使って押印するもの。シャチハタ・ゴム印は不可です。
絶対に忘れるな!

【運転免許証について】

  • 紛失および汚損等によって記載事項が不明瞭な場合は、入校日までに再発行を行ってください。
  • 合宿期間中に有効期限が切れる場合は、事前に更新手続きを行ってください。
  • 記載の住所が住民票記載の住所と異なる場合、入校日までに運転免許証の住所変更手続きを行ってください。

外国籍の方へ

上記に加えて、在留カードまたは特別永住者証明書を必ずご持参ください。

  • 住民票は国籍が記載されているものをご持参ください。

必要な持ち物

これは必ず持っていこう!
筆記用具 学科教習の受講や書類への記載等、必ず必要になるので忘れずに持って行こう!
健康保険証 合宿期間中の病気や怪我等、万が一に備えて持っていくと安心です。
メガネ・コンタクト

入校条件の視力に満たない方は必須。

  • カラーコンタクト(ディファイン含む)やサングラス(度付き)は原則として使用できません。
お金

3食付きのプランの場合は滞在中の食費はかかりませんが、おやつやレジャー・観光を考えているならお金が必要となり、食事なしプランの場合は食材・外食費が必要です。

また、普通車や二種免許等、仮免許が必要な合宿プランの場合は、仮免許試験受験手数料 :1,700円、仮免許証交付手数料 :1,100円が別途必要となります。

ただし、教習所の近くにはコンビニや銀行ATMがありますので、キャッシュカードを持参し現金は必要最小限にしておくのが良いかもしれません。

約2週間の滞在にはこれが必要!
着替え 約2週間の滞在となるため、着替えは必須!ですが、ほとんどの教習所・宿舎の施設内や周辺にはランドリーコーナーがあるので日数分の着替えは必要ありません。
ただし、サンダル・ヒール、ミニスカートやキャミソール等の露出の多い服装では教習ができない場合もあるので、着替えは運転しやすい服装を準備しましょう。
長袖・長ズボン 普通車の合宿免許で実施される原付講習の際に必要となります。
ルームウェア・パジャマ 利用する宿泊施設によって異なりますが、基本的には浴衣やパジャマ等のご用意はありません。ご自身でご準備ください。
ルームシューズ・スリッパ 校内宿舎・専用宿舎やマンションタイプの宿泊施設では、ご用意が無い場合がありますので、ご自身でご準備されることをおすすめします。
タオル・バスタオル 自動車学校・宿泊施設での貸出や、お部屋にご用意のある宿泊施設もあります。詳しくは各学校の「宿泊情報」ページでご確認ください。
シャンプー・リンス 多くの宿泊施設でご用意しています。宿舎ごとにご用意があるかは、各学校の「宿泊情報」ページでご確認ください。
歯ブラシ・歯磨き粉・ひげ剃り ご用意の無い宿泊施設が多いので、ご自身でご準備ください。
ドライヤー ご用意のある宿泊施設も多くありますが、大浴場での共同利用や個数限定の貸出の場合があるため、各室備え付けのシングルルームの方以外は、ご自身でご準備することをおすすめします!
携帯電話の充電器 宿泊施設にはコンセントはありますが充電器のご用意はありません。必ず必要になるので忘れずに持って行きましょう!

その他の持ち物

これがあったら便利!
ハンガー ほとんどの宿泊施設にご用意がありますが、数に限りがあります。コート等をかけておくのはもちろん、洗濯にも利用する場合があるので、特にレギュラー(相部屋)の方は多めに準備しておくと便利です!
トートバッグ・マイバッグ 宿泊施設から自動車学校への移動や教習から教習への移動時に、筆記用具や教本を入れられるバッグがあるととても便利です!
二股コンセント・延長コード 宿泊する室内のコンセントには限りがあるため、ホテルのシングルルームに宿泊する方以外は持って行くと便利!
ティッシュ ホテル以外の宿泊施設にはほとんどご用意が無いので、ご自身でご用意いただく場合が多いですが、教習所や宿泊施設近くにコンビニやスーパーがあれば、自宅から持参しなくても大丈夫!
洗濯ネット ランドリーコーナーの多くは洗濯ネットのご用意がありません。丁寧に洗いたいお気に入りのお洋服を洗濯するなら、洗濯ネットをご持参ください!
ランドリーバッグ お部屋に洗濯機が無い場合は、共有のランドリーコーナーや近隣のコインランドリーを利用することになるので、移動の際にランドリーバッグがあると便利!
これがあったら快適!
虫除けグッズ ほとんどの自動車学校は緑豊かな自然に囲まれた環境にあるため、春〜秋に入校の方は虫よけスプレーやかゆみ止め等の虫除けグッズを持って行きましょう!
日焼け止め 車内に居ても意外と日焼けはしてしまうもの。特に夏場、日焼けの気になる方は必須のアイテムです。
綿棒・耳かき ほとんど宿泊施設にご用意が無いため、メイク時やバスタイムに綿棒を使う方は、ご自身でご用意ください。
ゲーム機や本 教習の空き時間も退屈しないよう、ゲーム機や本等余暇を楽しめるアイテムを持って行って楽しい合宿期間を過ごそう!
これがあったら安心!
常備薬・絆創膏 飲み慣れた頭痛薬や胃薬を持っていれば、いざという時に安心です!
マスク 風邪・インフルエンザの予防や花粉の季節に、持っていくと安心なのがマスク。合宿免許は、約2週間で卒業出来るようカリキュラムが組まれているため、しっかり健康管理をしてスムーズに卒業を目指しましょう!
合宿期間中の約2週間、ずっと晴れるとは限りません。特に山間に位置する教習所では天気が変わりやすいもの。念の為、折りたたみ傘があると安心。

お申し込み・お問い合わせ

年中無休 9:00~21:00(携帯OK)

0120-459-777

お申し込み